2001年の結成以来 毎年演奏会を行っています。1年かけて一つの作品にじっくりと取り組んで参ります。

<< これまでのあゆみ

稲見里恵

稲見里恵 発声・合唱指導

国立音楽大学声楽科卒業。二期会オペラスタジオ修了。

久岡昇・砂川稔各氏に師事。モーツァルト「魔笛」侍女役、「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ役やブリテン「小さな煙突掃除屋さん」ローワン役、仙道作三「太田道潅」照姫役に出演。

1997年よりオペラ「智恵子抄」智恵子役で、その演技と歌唱が注目を浴び数回にわたり演じる。また「NTTときめきコンサート」や「日本の心のうたシリーズⅠ・Ⅱ」、そして「シューベルトの夕べ」などコンサートに出演。

リサイタルは、1999年より「愛・夢・祈リ」をテーマとし王子ホールほか3回にわたり開催した。「新春リサイタル春を謳う」では日本舞踊、琴、雅楽を取り入れた多彩な構成で演奏し好評を得た。

他方、宗教曲のソリストとしてこれまで、バッハ「ロ短調ミサ曲」、ヘンデル「メサイア」、ベートーヴェン「ミサ曲ハ長調」、シューベルト「ミサ曲第6番」、フォーレ「レクイエム」、モーツァルト「レクイエム」、ヴィヴァルディ「グローリア」など演奏をした。

読売・日本テレビ文化センター講師・日本演奏連盟会員・二期会会員

>> 稲見里恵ホームページ